2. 魅力的なプログラムづくり

アフィリエイターの提携数を増やす方法4選

アフィリエイト提携

筆者はアフィリエイトのASPに勤務していたことがあるのですが、当時担当していた広告主さんに多い悩みとして

「アフィリエイターの提携数を増やすにはどうしたらいいか?」

というものがありました。必ずしも、「アフィリエイターの提携数」と「売り上げ」が比例するとは限らないのですが、アフィリエイターの提携数を増やすことはたしかに大事です。

そこで、今回はアフィリエイト広告主向けにアフィリエイターの提携数を増やす方法についてご紹介します。

アフィリエイターの提携数を増やす方法4選

アフィリエイターの提携数は考えればたくさんありますし、予算がどれくらいあるのかによって何をするかは違ってきます。ここでは、私がASP時代によく提案していた主な施策をご紹介します。

そのため、施策ごとに目安となる必要な予算も記載しておきますのでご参考ください。

1.ASPのアフィリエイター向け管理画面に広告掲載する

実はアフィリエイター向けの管理画面にはところどころに、広告主向けの広告枠が設けられています。例えば、

  1. 管理画面の目立つ位置でスライドする大きいバナー画像のエリア
  2. ↑これほどには目立たないけれども、小さなバナー画像やテキストのエリア
  3. プログラム検索の結果一覧の目立つ位置
  4. プログラム提携後に表示される画面
  5. アフィリエイター向けメルマガなどです

安いものでは5万円から、高いものになると100万円くらいします。

管理画面への広告掲載を試したいのであれば、必ず何かしらのキャンペーンと絡めることをオススメします(というより、キャンペーン絡めずに広告掲載しても無駄なのでやめたほうがいいですw)。

アフィリエイターは、「何か稼げそうなプログラムはないかな〜」と探しているわけですから、期間限定で報酬アップするなどのキャンペーンを絡めないと提携するメリットが感じられません。

2.キャンペーンを実施する

上で、「キャンペーン絡めましょう」と書きました。ではキャンペーンにはどのようなものがあるでしょうか。代表的なものをご紹介します。(以下のキャンペーンの名前は、私が勝手に名付けているものなので、ASPに言っても勘が鋭い人以外には通じないと思います)

報酬アップキャンペーン

そのままですが、通常「申し込み1件につき2800円」という報酬であれば、何ヶ月かの間限定で「申し込み1件につき3800円」とかに報酬アップします。

報酬アップすることで、赤字などで目立ちますので他のプログラムとの差別化が狙えますし、アフィリエイターからみたらお祭り感が出ますので提携が増えやすいです。

提携・掲載報酬キャンペーン

提携したら100円、掲載してURLを報告したら300円のようにして、提携・掲載を促します。有効そうに見えますが、難しいのは有力アフィリエイターは数百円程度では動いてくれません。かと言って、数千円支払ってしまうととんでもない金額の請求がされる恐れがありますので、これもオススメできません。

このキャンペーンで提携・掲載が増えるのは確かかもしれませんが、売り上げに直結するかどうか、費用対効果が見合うかどうかは実施してみないとわからないところがあります。

ボーナス付与キャンペーン

一定条件を達成したアフィリエイターに対してボーナスを支払うキャンペーンです。景気よくやればやるほどアフィリエイターの注目をたくさん集めることができます。例としては、

  • SEOキャンペーン…特定のキーワードで上位表示したアフィリエイターでかつ、その広告主の広告を掲載していることを条件に、30万円などを支払うというものです
  • 獲得件数キャンペーン…一定件数の獲得を達成したアフィリエイターに対して、ボーナス報酬を支払うというものです。テーブル制にすることが多いですね。(5件で10,000円、10件で50,000円、20件で20万円、30件以上の獲得で30万円という具合)
  • 競争型(山分け)キャンペーン…もっとも獲得件数が多かったアフィリエイター上位5名で100万円を山分けする。などといったキャンペーンです

3.イベントを実施する(ASP主催のイベントに出店する)

広告主のなかでもアフィリエイト広告への取り組みが熱心な会社はアフィリエイター向けのイベント(セミナー)を開催しています。内容としては、

  • 商品説明会…商品知識を深めてもらい質の高いレビュー記事に繋げる狙い
  • 商品プレゼント…商品を持って帰ってもらい、レビュー記事を書いてもらう。レビュー記事書いてもらった後は記事URLをご報告いただくことを条件に特単を設定することもある
  • ビンゴ大会などのゲーム的要素…豪華景品を持ち帰ってもらうビンゴ大会や、ありえないくらいの特単を来場者全員に期間限定で設定(通常報酬の2-3倍とか)をしたりするなど
  • 懇親会…ASP、広告主、アフィリエイター3者による懇親会(立食パーティー形式)

などがあります。

広告主は東京にやはり固まっていますので、福岡・大阪・名古屋・札幌といった地方都市を行脚する形で実施するケースもあります。

やはり人間の心理なのか、顔をあわせるとアフィリエイターは、この広告主のために頑張りたい、とかそういう気持ちになりますのでファンを作ることができます。

4.地道なリクルーティング活動をする

リクルーティングとは、検索エンジンですでに上位表示している媒体一つ一つに「特単などの特別条件を出すから掲載してほしい」と交渉していくことです。

この時に気をつけいていただきたいことは、特単の決裁権をASPに移譲すべきということです。

仮に決裁権をASPに移譲せずにリクルーティングをした場合、アフィリエイターごとにいちいち単価を確認しなければならないため時間がかかります。これでは、ASPも正直面倒に感じるため口では「やります!」と言っても、実際には動いてくれないというケースもあります。

アフィリエイターとしても、「特単が出せるから〇〇の広告を掲載してくれないか?」と聞かれるよりも、「特単8000円が出せるから〇〇の広告を掲載してくれないか?」と具体的な金額を提示してくれたほうがレスポンス率も上がります。

提携数を増やすことを目的としてはいけない

これまでに紹介してきたように、アフィリエイターの提携数を増やす施策自体はいくらでもあります。しかし、注意したほうがいいのは、提携数を増やすことを目的にしてはならないということです。

提携数を増やしても、アフィリエイターが活性化(提携で終わらずに掲載に繋げる)しなければ意味がありません。

アフィリエイターを活性化させるための施策については、また別途解説していこうと思いますのでお待ちください。